2011年09月28日

リチャード・コシミズ弘前講演会。テーマ「低線量放射線の不思議を科学する」


 開催日:2011年9月18日


http://www.youtube.com/watch?v=TiYc63tSVQk&list=PL0C2E5C419A951957&feature=plpp



 本『ムーンマトリックス』によると一時間あたり27マイクロシーベルトの放射線量なら健康によいそうです。
 
 自然界の放射線量は0.27マイクロシーベルトなので、自然界の100倍の放射線量はむしろ健康によく、1万倍だと有害だそうです。

 ですので、2.7ミリシーベルト/h の線量だと危険だということです。

 みなさんは一時間あたり2.7ミリシーベルトは有害だと覚えましょう。

 自然界の100倍は健康によく10000倍は有害だと覚えておきましょう。

 (283ページ参照)

 福島県民は自宅に帰宅してもいいですね。

 CTスキャンは短時間に6.9ミリシーベルト被爆してしまうので危険だということです。

 東京、ニューヨーク間、飛行機での往復で200マイクロシーベルト被爆しますので、200を飛行時間でわり、27マイクロシーベルトを超えるか超えないか調べてみましょう。

 放射線量の最適値は一時間あたり27マイクロシーベルトなので27という数字に近ければ近いほど健康によく離れれば悪いということです。




posted by リチャード・コシミズさんのファン at 17:08| Comment(1) | 低線量放射線の不思議を科学する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする